[オーディオブック] 中島敦 「山月記」 中島敦 /出版社:パンローリング株式会社 / 楽天ダウンロード

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

主なカテゴリー
サブカテゴリー

カスペルスキー 2016 DL版
これ1本でWindows・Mac・Androidに対応!

Android用セキュリティソフト >>

スマホWOW !!! データ全部 for iPhone
iPhoneをより便利に使う機能を全部搭載!

音楽・写真・連絡先など16種類のデータをダイレクトに管理 >>

【Mac版】iPhone・iPodでビジネス英会話
iPhone・iPod touch・iPodでいつでもどこでも好きなときに、好きな場所で英会話学習を始めることができます。

「使えるビジネス英語」を習得 >>

[オーディオブック] 中島敦 「山月記」 中島敦 /出版社:パンローリング株式会社

.                                                                                                                                                            .
価格:103円(税込)
購入する
購入後再ダウンロード期間(無料)
7日間

※ご購入頂く際に、3Dセキュア(本人認証)が表示される場合がございます。詳しくはコチラ

※ご購入後のキャンセルは承っておりません。OSのアップグレード、入れ替えなどを行った場合、ご利用は出来なくなります。ご購入前に必ず注意事項と動作環境をご確認ください。

[オーディオブック] 中島敦 「山月記」 中島敦 /出版社:パンローリング株式会社
(c)PanRolling
提供元
提供元: パンローリング株式会社
発売日:2012/10/31
形式:ZIPファイル
サイズ: 47.68MB    
中島敦の短編小説。唐の時代に書かれた「人虎」として
知られる中国の変身譚を元にしている。

教材としても人気があり、高等学校の現代文の教科書に
多く掲載されている。

李徴は博学才穎で、若くして名を馳せ役人となったが、
自尊心が強く官職に満足できなかった。

官職を辞し詩作に耽るも、上手くいかずに挫折する。
その後、生活のために地方官となるも、屈辱的な日々に
自尊心はひどく傷つき、ついに発狂して姿を消してしまった。

翌年、李徴の友人である袁参が、人喰虎が出るという道を
危険を顧みずに進んでいると、一匹の猛虎が躍り出た。

虎は、かつての友人李徴であった。

李徴は袁参に語る。なぜ自分は虎になったのか。
人との交わりを避け、詩家を目指すも切磋琢磨を怠った。
それは臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為であった。
この羞恥心が心のうちに潜む虎であり、家族や友人を傷つけた。
そうしてついに、本当の虎になってしまったのだ。

誰しもが心中には猛獣を飼っている。
それが自分や人を傷つける。
李徴の場合はそれが虎であった。

中島敦(なかじま・あつし)
1909-1942 小説家。デビュー作は「山月記」「文字禍」で、つづけて「光と風と夢」を発表。気管支喘息悪化のため1942年、33歳で早逝。「李陵」などの作品は、遺作として没後発表された。

●ご購入前の注意
※ダウンロードが正常に行われるためには、『サイズ』もしくは、『インストールに必要な条件』に記載されている空き容量の2倍程度の空き容量が必要となります。空き容量をご確認のうえ、ご購入ください。
●動作環境・その他情報
対応OS: Windows XP/VISTA/ 7 音声データ:MP3
「楽天ブックス」のオススメ商品