USB HardLocker 4 / 販売元:株式会社ライフボート / 楽天ダウンロード

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

主なカテゴリー
サブカテゴリー

カスペルスキー 2016 DL版
これ1本でWindows・Mac・Androidに対応!

Android用セキュリティソフト >>

スマホWOW !!! データ全部 for iPhone
iPhoneをより便利に使う機能を全部搭載!

音楽・写真・連絡先など16種類のデータをダイレクトに管理 >>

【Mac版】iPhone・iPodでビジネス英会話
iPhone・iPod touch・iPodでいつでもどこでも好きなときに、好きな場所で英会話学習を始めることができます。

「使えるビジネス英語」を習得 >>

USB HardLocker 4 / 販売元:株式会社ライフボート

.                                                                                                                                                            .
価格:6,696円(税込)
購入する
購入後再ダウンロード期間(無料)
7日間

※ご購入頂く際に、3Dセキュア(本人認証)が表示される場合がございます。詳しくはコチラ

※ご購入後のキャンセルは承っておりません。OSのアップグレード、入れ替えなどを行った場合、ご利用は出来なくなります。ご購入前に必ず注意事項と動作環境をご確認ください。

USB HardLocker 4 / 販売元:株式会社ライフボート
提供元
提供元: ライフボート
発売日:2013/05/21
形式:ZIPファイル
サイズ: 21.67MB    

製品概要 機能と特長 必要なシステム 注意事項
『USB HardLocker 4』とは?

『USB HardLocker 4』はPCの不正使用防止、USBメモリーの使用制限、データの自動暗号化、操作ログの収集といったデータ流失防止に不可欠な機能を統合したセキュリティ対策ソフトです。


機能と特長:

  • PCのロック
  • PCのロック時にネットワーク接続を遮断
  • 暗号化領域の作成
  • 暗号化領域にはAES(256ビット鍵)を採用
  • USBストレージの利用制限
  • 管理者・利用者鍵によるPCの利用制限
  • 操作ログ収集・保存
  • バックアップ機能により暗号化領域やログをバックアップ応
  • Windows 7対応(32/64ビット)

LB CD DVD ロック2 製品情報 機能と特長

【▲このページのトップへ】

『USB HardLocker 4』はこんなとき便利!

(一例です。この他にも、さまざまな用途で利用されています。)

  • 離席時に、パソコンの操作を簡単にロックできる仕組みが欲しい。
    USB鍵の脱着だけで、パソコンをロックして操作できなくしたり、ロックを解除したりすることができます。電源ON/OFFやパスワード入力といった面倒な操作をなくすことができます。

  • 複数の社員が1台のパソコンを使っていますが、勝手に個人のUSBメモリー等でデータの持込みや持ち出しをされると困ります。
    新規USBストレージの追加禁止を利用して、許可されないUSBメモリーの使用を制限することができます。

  • 数人でパソコンを共用していますが、他のユーザーには見られたくないデータもあります。
    ハードディスク上にUSB鍵を使用する暗号化領域を設定できます。暗号化領域は鍵ごとに設定できるため、複数の鍵を用意して、各ユーザー用に専用の暗号化領域を割り当てることができます。

  • ノートパソコンが盗まれた場合でも、重要なデータの漏えいは防ぎたい。
    暗号化領域に保存されたデータは、ハードディスクを抜き取って別のコンピューターに装着 しても復元することができません。

  • USB機器の鍵だけでは不安がある。
    USB鍵×パスワード入力を要求する堅固な鍵を設定することができます。二重の鍵により、セキュリティを強化できます。

  • 一台のパソコンを使う複数のユーザーに各人専用の鍵を渡してコンピューターの利用を管理したい。
    ユーザー数分の専用鍵を用意して各ユーザーに配布、各鍵の着脱情報をログに記録しておくことができます。

  • 鍵を本当に誰にも操作されていないのか確認したい 。
    鍵の開錠・施錠や鍵作成の日時をログに記録し、後で確認することができます。
  

【▲このページのトップへ】


『USB HardLocker 4』の主な機能と特長
鍵を持たない人にパソコンの操作をさせない
鍵をPCから取り外すとロックされ、鍵を装着するとロックが解除されます。
施錠された状態(鍵が取り外された状態)でWindowsにログオンすると、スクリーンロックが直ちにかかり、操作が一切できなくなります。
  • セーフモードによる起動時もロックは有効です。

  • スクリーンロック時は下図のロック画面が表示されます。


暗号化領域の作成
内蔵ハードディスク上の空き領域に、鍵がないと見えない領域(秘密領域)を作成することができます。予め登録された鍵により開錠されたときにだけ、仮想ドライブとして秘密領域にアクセスができるようになります。秘密領域は暗号化されているため、隠したいファイルや外部に漏れては困るデータを秘密領域に保存しておけば、鍵を持たない第三者にデータを読み取られる心配はありません。


・暗号化にはAES(256ビット鍵)を使用しています。
・コンピュータを盗まれてハードディスクを抜き取られても、USB鍵がなければ暗号化領域に保存されたデータを解析することはできません。
・暗号化領域はUSB HardLocker上で設定した鍵ごとに設定できます。


USBストレージの利用制限

許可されていないストレージの接続を検出すると、自動的にスクリーンロックがかかり、操作が一切できなくなります。そのストレージを取り外すと、スクリーンロックが解除されます。

非許可のストレージが装着されると以下のロック画面(抜粋)が表示されます。



PCのロック時にネットワーク接続を遮断
スクリーンロックの動作中に、ネットワークの接続を遮断するよう設定することができます。この機能を有効にすると、スクリーンロック時はネットワーク経由の不正アクセスからも保護されます。
※スクリーンロックを使用せず、鍵を外した時はネットワークのみ遮断するような使い方も可能です。

操作ログの収集・保存
施錠と解錠、ログオンとログオフ、ハードウェアの追加と削除、ファイルアクセス、インターネットアクセス、キーボード操作、ウィンドウ、プロセスの起動、に関連したイベントに関するログを記録することが可能です。

・ログには、日付、時刻、ログの種類が記録されます。ログの種類に応じてそれぞれの情報が記録されます。
・ログの保存先として任意のフォルダを選択することが可能です。
・ログファイルのローテーションは1日毎、1週間毎、1ヵ月毎の3種類から選択することが可能です。
・ログファイルは暗号化されており、管理者鍵無しに参照することはできません。
・ログファイルはCSV形式にエクスポートすることが可能です。

ログの種類 監視対象
ファイルアクセス フォルダ、ドライブ文字、全ての共有ネットワークフォルダ
ハードウェアの
追加と削除

ドライブレターの追加/削除、デバイスの追加/削除(電源断時のハードウェア構成変更に関する情報を含む)

ログオンと
ログオフ
ログオン/ログオフ、スタンバイ/スタンバイからの回復、ロック/ロックの解除、
ユーザーの切り替え/ユーザーの切り替えからの復帰、
ユーザーの切り替え(リモート)/ユーザーの切り替えからの復帰(リモート)、終了
キーボード キーが押された、キーが押し続けられた、キーが離された、キーの内容を表示する
ウィンドウ ウィンドウが開いた、ウィンドウが切り替えられた
プロセス すでに起動中のプロセス、プロセスの起動、プロセスの終了
インターネットアドレス Internet Explorerによるインターネットアクセス(HTTP、HTTPS)
施錠と解錠 スクリーン施錠・解錠、秘密領域施錠・解錠、ストレージ追加・禁止、USB HardLocker ユーティリティ起動、秘密領域作成



鍵の管理
鍵は管理者鍵と利用者鍵の2種類に分かれます。管理者鍵は、利用者鍵の権限を設定したり、ソフトウェア全般の設定をしたりするのに使われます。



Windows 10対応
Windows 7/Vista(64ビット、32ビット)の環境で使用することができます。
※ Windows XPについては32ビット環境のみ

バックアップツールにより設定情報や暗号化領域をバックアップ

万が一コンピューターがクラッシュした場合に備えて、設定情報、登録された鍵に関する情報、作成された秘密領域、ログをそのままバックアップすることができます。秘密領域は暗号化された状態でバックアップされ、リストアには管理者鍵が必要になりますので、セキュリティレベルを落とさずにバックアップを取ることができます。



【▲このページのトップへ】


ご使用に必要なシステム
■対応OS: 日本語Windows 10/8.1/8/7/Vista(32ビット、64ビット)、Windows XP SP2以上(32ビット)
■対応機種: 上記OSが正常に動作するパソコン(PC/AT互換機)※Macintoshでは動作しません
■対応CPU: Pentium 300MHzインテル互換CPU(Vista/7の場合は1GHz以上)
■ 必要メモリ: 512MB以上(Vista/7の場合は1GB以上)
■ ハードディスクの空き容量:

90MB以上(※)

※暗号化領域作成時、およびログ保存時はそれぞれの分の空き領域が別途必要

■その他 USB機器および利用可能なUSBポート(2.0以上)

【▲このページのトップへ】

ライセンスに関する注意事項
  • 本製品は1台のコンピューターにインストールして使用することができます。複数台のコンピューターにインストールする場合、別途ライセンスを必要台数分購入する必要があります。
    ※1台のコンピューターに登録可能な鍵の数に制限はありません。

製品に関する注意事項
  • 本製品は、本製品がインストールされているコンピュータからの情報漏えいが一切不可能であることを保証するものではありません。
  • USB機器を鍵として利用するには、鍵として利用可能なUSB機器を別途ご用意いただく必要があります。
  • 必要な合鍵を作成しておかないと、鍵の紛失や破損により解錠できなくなくなることがあります。このような場合のお問い合わせは一切受け付けません。
  • 失っては困るデータを秘密領域に保存する場合は、必ず付属のバックアップツールまたは別の手段によりバックアップを取るよう強くお勧めします。
  • シリアル番号を持たないUSB機器を鍵に指定した場合、同じメーカーの同じ型番のUSB機器が合鍵となりますので、ご注意ください。
  • 指紋認証機能を利用するには、別途、鍵専用指紋認証機器が必要です。製品のご購入前に、弊社までお問い合わせください。
  • 指紋認証機能はWindows XP Proの環境でのみ設定可能です。
  • 指紋認証機能が利用できるのは管理者権限でWindowsにログオンしたときに限ります。制限ユーザでログオンした場合に利用するには別途指紋認証管理用のソフトウェアをインストールする必要があります。

 

サポートについて

製品購入前のお問い合わせ先:sales@lifeboat.jp

テクニカルサポート:
テクニカルサポートについては、PDFファイルで提供されるサポート案内をご覧下さい。サポート案内の内容に従って、サポートセンター宛に電話、E-mail でご依頼ください。
サポート期間は、3ヶ月間(最初にサポートを依頼してから3ヶ月間)となります。
予めご了承ください。サポートを依頼する際は、必ず製品のシリアル番号が必要となりますので、ご注意下さい。

電話によるお問い合わせは、混雑のため通じない場合がありますので、なるべく、E-mailにてお願い致します。順次ご回答させていただきますが、難易度によっては多少お時間いただく旨、ご了承下さい。

電話番号:03-3265-1260
E-Mailアドレス:support@lifeboat.jp

【▲このページのトップへ】



●ご購入前の注意
※ダウンロードが正常に行われるためには、『サイズ』もしくは、『インストールに必要な条件』に記載されている空き容量の2倍程度の空き容量が必要となります。空き容量をご確認のうえ、ご購入ください。
●動作環境・その他情報
【インストール可能なOS】日本語 Windows 10/8.1/8/7/Vista(32ビット、64ビット)、Windows XP SP2(32ビット) 【対応機種】 上記OSが正常に動作するパソコン(PC/AT互換機) ※Macintoshでは動作しません 【CPU】Pentium 300MHz以上のインテル互換CPU(Vista/7/8では1GHz以上) 【メモリ】512MB以上(Vista/7/8では1GB以上) 【ハードディスク容量】90MB以上(暗号化領域作成時、およびログ保存時はそれぞれの分の空き領域が別途必要) 【その他】鍵に使用するUSB機器および利用可能なUSBポート(2.0以上) ※Windows 8の環境ではデスクトップ アプリとして動作します。
テクニカルサポート:
テクニカルサポートをお受けいただくには、事前のユーザ登録が必要です。ユーザ登録は、ホームページ(http://www.lifeboat.jp/reg/)から行うことができます。テクニカルサポートについては、PDFファイルで提供されるサポート案内をご覧下さい。サポート案内の内容に従って、ライフボートサポートセンター宛に電話、E-mailで依頼して下さい。無償サポートサービス期間は、製品のご購入後、最初にサポートセンターをご利用いただいた日より3ヶ月間となります。サポートを依頼する際は、必ず製品のシリアル番号(ライセンスキー)が必要となりますので、ご注意下さい。電話によるお問い合わせは、混雑のため通じない場合がありますので、なるべく、E-mailにてお願い致します。順次ご回答させていただきますが、難易度によっては多少お時間いただく旨、ご了承下さい。
「楽天ブックス」のオススメ商品